俺の意見

信じられない事に2011年はまだ3月なんだな。
自分の直近のブログ記事を見て、1年くらい前の出来事に思える。

3月11日から5日間くらいの間に
大変な悲劇を見て、大変な未来を想像した。
2度と味わいたくない時間だった。

シーベルトとか、ベクレルだとか
ヨウ素がどうだとか、原発労働者のことだとか
浜岡原発がマズいってこととか、世の中の仕組みだとか
知りたくもないことに随分詳しくなった。

原発?まあ、良いモンじゃあないけど、必要悪でもあるのかなあ。
ヒロトも清志郎も三宅洋平も、みんな訴えてるし良くはないんだよ。
そのぐらいにしか考えてなかった。
そこに特別な意見なんてなかった。

遅過ぎるかもしれないけど、知識を得れば意見が生まれる。
俺は楽しくわーわー生きたいだけで、御意見するのは苦手だけれど、ひとつだけ。

いま東日本は巨大な天災から立ち直るべく、戦ってる。
日本中、世界中が力を合わせて戦ってる。
非日常が日常になって、以前の日常を取り戻すにはどれぐらいの時間がかかるかわからない。
そんな時に、とても頼りになりそうな人達が福島第一原発で戦ってる。
こんな時に、関東の人達は余計な心配と戦ってる。
彼らは、俺らは、何やってんだ?
いざって時に自分達の仕掛けた罠に引っ掛かってるんじゃないのか?

ガソリン、食料、水の買占め大いに結構。誰だって怖い。
せっかくの機会だから大量に買った物を前にして
なんでこんなに買う事になったかを考えてみよう。
地震のせいじゃない、もっと奥まで。
わからないことがあれば知識を得よう。
とてもツマラナイ分野かもしれないけど、自分で調べて判断して、意見を持とう。

俺の意見。
不便になってもいい。背伸びするのはもうやめた方がいいと思う。

この期に及んで意見が無いのは罪深い。
少しだけ、なんて野暮なこと言いません。
じっくり考えてください。

最後まで読んでくれてありがとう。

post: 2011年3月25日 ( BLOG )

コメントを残す